【内向型・HSP】テレビを捨てるべき理由【ストレスが減る】

内向型

刺激に敏感な内向型・HSPが日常のストレスを一気に減らす方法があります。

テレビを捨てること

私自身テレビを持たない生活を1年以上続けていますがとても快適です。

この記事では、「内向型・HSPがテレビを捨てるべき理由」をお伝えします。

内向型・HSPがテレビを捨てるべき理由

テレビは想像以上に刺激が多い

暗いニュースや過剰なバラエティ演出、購買を煽るCM。何気なく見ているテレビはが想像以上に刺激が多いです。

特に怖いのが無意識の同調圧力。

出演者が笑ってるから面白い、コメンテーターが批判してるから悪い。

テレビの雰囲気に合わせなきゃいけない無意識の同調圧力は、周りに影響を受けやすい内向型・HSPにとって大きなストレスです。

自由な時間が増える

内向型・HSPにとって一人でゆっくりする時間はとても大切。

ダラダラとテレビを見ていては休めません。

テレビがあると食事や入浴の時間をテレビ番組のスケジュールに左右されるので自分の時間が作りにくくなります。

テレビを捨てると確実に自由な時間が増ます。

部屋がスッキリする

テレビを捨てるとテレビ台やレコーダー、配線等が無くなり部屋がスッキリします。

内向型・HSPはモノからも刺激を受けやすいため、部屋に置くモノは少ない方がいいです。

テレビが無いとテーブル等をテレビに向けて配置する必要もないのでレイアウトも自由になりますよ。

NHK受信料を払わなくていい

衛生契約で月に約4,500円、1年で約25,000円と、経済的に負担が大きいです。

テレビにこれだけのお金をかける価値はありません。

好きな本を買ったり美味しいご飯を食べる方が人生が豊かになります。

テレビが無くても問題ない理由

テレビを捨てたいと思っても本当に捨てていいか不安かもしれません。

テレビが無くても問題ない理由をご説明します。

緊急時に困る→災害情報はネットでOK

災害など緊急時にテレビが無いと不安かもしれませんが、ネットがあれば問題ないです。

最近はリアルタイムで動画のネットニュースが見れます。

ネットがつながらない時のためにラジオを持っておくと安心です。

情報不足→TVから得られる情報はもともと少ない

情報不足が心配かもしれませんが、もともとテレビから得られる情報は少ないです。

朝と夜で1時間ニュースを見たとしても、番組中にはCMや占い、商品紹介などの時間があり、有益な情報を流している時間は半分もないでしょう。

Yahoo!ニュースをざっと眺める方が得られる情報は多いです。

また、テレビだと無意識にコメンテーターの意見に流されるためニュートラルな視点でニュースが見れなくなります。

話題に遅れる→テレビが話題の中心になることは無い

今どきリアルタイムでテレビを見る人はごくわずか。

テレビが話題の中心になることはほぼ無いので話題に乗り遅れる心配は無用です。

見たい番組はネットで見れますし、最近はネット番組が充実してます。
NHK受信料と比較しても割安です。




テレビを捨てるために必要なこと

NHKに必要書類を確認

受信料契約を解約するには、NHKに電話して書類を送ってもらわないといけません。

この時、テレビがない証明として書類添付を求められる場合があります。

私は不用品回収業者に引き取ってもらいましたが、業者の印がある領収証の添付が必要でした。

スムーズに解約できるよう必要な書類を事前に確認しておきましょう。

NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約

不用品回収業者に依頼するのがラク

テレビは家電リサイクル法の対象のため粗大ゴミに出せません。

買い替えならお店に引き取ってもらえますが、捨てるだけなら自分で処分する必要があります。

一番ラクなのは不用品回収業者に引き取ってもらうこと。

ネットですぐ見積もりが取れ手続きは簡単です。テレビの処分だけだと割高なので、これを機に他の不用品も処分しましょう。





コメント

タイトルとURLをコピーしました