【国家一般】全国転勤のリアルな実態【意外と悪くない!?】

公務員・仕事

公務員の国家一般職には全国転勤があります。

受験生から敬遠されがちですが、リアルな実態は意外と知られていないのではないでしょうか?

私は勤続12年間で北海道から四国まで5回の転勤を経験しましたが、悪い面ばかりではないと思っています。

この記事では、全国転勤経験者の私が、全国転勤のリアルな実態とメリットをお伝えします。

国家一般 全国転勤のリアルな実態

転居不要の異動も多い

異動は2-3年ごとにありますが、毎回引っ越すわけではありません。

同じ庁舎内の部署異動であれば転居は不要。

職場によって異なりますが、規模の大きい勤務地であれば10年くらい転居せず働くことも可能です。

転勤を知らされるのは2ヶ月前

転勤が本人に知らされるのは約2ヶ月前。

そこから仕事の引き継ぎや引っ越しの手配をしますが、2か月あれば十分準備できます。

ドラマのようにいきなり「明日から◯◯に行って!」と言われることはありません。

公務員宿舎に住める

基本的に公務員宿舎に住めますが、良い宿舎と悪い宿舎の差が激しいです。

都内で築10年未満のキレイな宿舎に2万円で住める場合もあれば、地方の築40年以上のオンボロ宿舎が3万円かかることも。どの宿舎に入るかは選べません。

宿舎が嫌な場合は民間の賃貸をに住むこともできますが、敷金礼金の補助はありません。

転勤時はまとまったお金が必要

引っ越し業者は自分で手配し、費用は後で実費精算されます。

民間の賃貸に住む場合は引っ越し代に加えて敷金礼金も必要なため、転勤時はまとまったお金が必要。

一部は後で精算されるとはいえ、一時的な出費が大きいのはキツイです。

男性は単身赴任、女性は転勤を断る

既婚男性は結婚後、単身赴任する方が多いです。配偶者はほぼ専業主婦。

子供が小さいうちは一緒に転勤していますが、小学生以上になると単身赴任を選ぶ方がほとんど。

既婚女性は、基本的に配偶者も働いているので転勤を断っています。単身赴任する方もいますがごく一部です。

転勤は断れるが、、、

転勤は断わることができます。転勤拒否でクビになった人を見たことがありません。

既婚女性はほぼ転勤を断っていますし、最近は共働きの男性が断るケースも増えてきました。

転勤を断ると出世が遅れますが、こだわりが無ければ断るのも全然OK。

ただ、若手や独身者は転勤を断りにくい雰囲気もあります。

転勤が嫌で辞める人は少ない

毎年一定数の退職者がいますが、転勤が苦で辞める人は意外といません。

実際転勤してみると思ってたほど辛くないと感じる人が多いです。

(そもそも転勤が嫌な人は最初から入省しないので当然かもしれませんが。。。)

全国転勤のメリット

マイナスイメージのある全国転勤ですが、メリットもあります。

採用されやすい

全国転勤アリの官庁は不人気なので圧倒的に採用されやすいです。

官庁訪問で「全国転勤OKです!」と言えば99%受かります。

最大の受験対策は全国転勤を受け入れることかもしれませんよ。

人間関係がドライ

同じ人と一緒に働く期間が短いので派閥や変な仲間意識がなく、いい意味で人間関係がドライです。

人付き合いが苦手な人には働きやすい環境と言えますよ。

人間関係をリセットできる

嫌いな上司や苦手な同僚がいても、そのうち転勤でいなくなります。

数年ごとに人間関係をリセットできるので、他の職場に比べると人間関係の悩みは格段に少ないです。

【私の予想】全国転勤はこれから減る

全国転勤は確実に減っていくと考えています。

働き方改革や女性管理職率UPといった政府の方針により、子育てや介護中の職員が働きやすい環境作りが進められているからです。

全国転勤しなくても出世できる仕組みや、同じエリア内(関東圏、近畿圏など)での転勤に限る制度が既に作られています。

最近はテレワークの普及により単身赴しなくても業務できる環境も整ってきました。

今の受験生が子育て世代になる10年後には、全国転勤は必須ではなくなるでしょう。

今のうちに受かりやすい全国転勤の官庁を受けておいて、独身のうちは転勤を楽しみ、家族ができたら転勤を断るのも作戦としてアリかもしれません!



にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました