内向型に英語学習をおすすめする5つの理由【趣味として最高!】

ライフスタイル

趣味が欲しいなぁ~

どうせなら内向型にあった趣味を見つけたい!

そんな内向型のみなさんにおすすめしたいのが、「英語学習」です。

趣味としての英語学習は、内向型と相性がいいんですよ。

私は留学経験もなく、初めてのTOEICは500点未満でしたが、趣味で10年以上勉強を続けた結果、独学で英検1級、TOEIC最高925点を獲得できています。

この記事では、そんな10年以上英語学習を続けている私が、内向型に趣味として英語学習をおすすめする理由をご紹介します。

内向型に「英語学習」をおすすめする5つの理由

自己肯定感が上がる

英語学習に特別な才能は要りません。コツコツ勉強を続ければ必ず成果が出るものです。

TOEICのスコアが10点上がった!洋画のフレーズが聞き取れた!など、自分の成長を実感しやすく自信がつきます

自己肯定感が低い内向型におすすめです。

コツコツ努力型の内向型は習得が早い

明るく社交的な人の方が上達が早そうに見えますが、実際は逆です。

レベルに関わらず、英語学習には単語の暗記や繰り返しのリスニングなど、地道な努力が必須。

集中力があり、コツコツ努力するのが得意な内向型の方が向いているのです

分かりやすい強みになる

内向型は強みを活かすことが重要ですが、強みを作るのって難しいですよね。

英語は一番分かりやすい強みになります

勉強すれば誰でも身に付くし、TOEICや英検などの資格でアピールもしやすい。

「英語ができる人なんてたくさんいるし、、、」と思うかもしれませんが、社会人になって本気で勉強してる人は意外と少ないですよ。

仕事で使わなくても、自分は英語ができる!と思えるだけで自信になります。
私は落ち込んだ時に「でも私は英検1級持ってるし!」と心の中で思って精神を安定させています(笑

独学で無料で始められる

英語は基本的に独学で習得できます無料のコンテンツもたくさんあるので、心配性な内向型でも始めやすいです。

無理に英会話スクール等に通わなくても大丈夫。
英会話スクールって無理やり陽キャを演じなきゃいけない気がして、私は苦手なんですよね、、、

最初はYoutubeで「英語 初級」などで検索し、興味のある動画を見ることから始めてみて下さい。

仲間を作りやすい

一人が好きな内向型でも、気の合う仲間が欲しい時はありますよね。

社会人向けの英会話サークルがあるので、同じ趣味の仲間を見つけることができます

私のおすすめは「東京英会話倶楽部」。

英語が好きな日本人同士で英会話を楽しむサークルで、1回500円で好きな曜日に好きな場所で参加できます。東京だけでなく日本各地にあるので、HPで確認してみてください。

私は10年近く不定期で参加していますが、参加者の年齢層が比較的高いせいか、ゆる~く穏やかな雰囲気で、内向型の私でも参加しやすいです。

楽しみながら続けるコツ

英語学習は楽しく続けるのが一番大事!

趣味として楽しく学ぶコツをご紹介します。

定期的にTOEICを受ける

定期的なTOEIC受験をおすすめします。

目標があるとモチベーションが上がるし、勉強の成果が目に見えて自己肯定感も高まります。

最初は600点を目標に、50点ずつ目標を上げて行きましょう。

英検もいいですが、結果が「合・否」のみの試験より、点数で分かる方がモチベーションを維持しやすいです。

好きな海外ドラマを見つける

動画サブスクなどを利用して、好きな海外ドラマを見つけましょう

見ること自体が勉強になるし、「いつか字幕なし理解したい!」という目標にもなります。

日本語字幕は英語の直訳じゃないことが多く、英語のセリフをそのまま理解できるようになると、微妙なニュアンスが分かってよりドラマを楽しめますよ。

【参考】私のおすすめドラマ
・フレンズ
・ビックバンセオリー
・デスパレートな妻たち
・プリティリトルライアーズ
・スーツ

英会話サークルに行く

上でも紹介しましたが、英会話サークルに行くと同じ趣味の仲間が見つかり、モチベーションが上がります

レベルの高い方から英語の勉強方法を教えてもらうこともできますよ。

仕事で活かそうとしない!

英語学習をおすすめしましたが、あくまで「趣味」としての英語学習で、最初から仕事で活かそうとしないでください!

大切なのは、楽しみを増やして人生を豊かにすること。仕事のことを考えると楽しめません。

私は20代の頃は仕事で活かすことを考えてましたが、いざ英語を使う部署で働くようになると英語が嫌いになりました(笑 最近は完全に趣味として勉強していますが、昔より100倍楽しいです!

まずは英語を楽しんで、結果的に仕事で活かせられたらいいな、くらいの気持ちで始めましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました