【新人公務員に伝えたい】1年目の心構え【もっと気楽でいいよ】

公務員

1年目の新人公務員さんの中には、仕事がつらい、辞めたいと思っている人もいるかもしれません。

つらいと思っている人は、少し真面目に考えすぎです。

1年目はもっと気楽でいいんです!

私は上司の立場で新人公務員さんと何度も仕事をしてきましたが、1年目の新人に職場が求めることは、皆さんが思うよりずっと簡単なことです。

この記事では、現役国家公務員の私が、上司の立場から新人公務員さんに伝えたい、1年目の心構えをご紹介します。

新人公務員に伝えたい、1年目の心構え

辞めずに出勤するだけで十分

1年目の公務員に望むのは、辞めずに出勤すること、それだけです。

新人の採用には膨大な時間と労力を使います。志望者が年々減少し、内定を出しても断る受験生がたくさんいる中、やっと採用できた新人には絶対辞めてほしくないんです。

仕事ができなくても、毎日ミスしても、そんなのどうでもよくて、「とにかく辞めずに出勤してくれ!!」っていうのが新人に対するリアルなホンネ

1年目がつらいのは公務員に限らず全ての社会人に言えること。2年目からだんだん楽しくなってくるので、1年目は辞めずに出勤さえすればいい!と思って気楽にいきましょう。

ミスは100%上司の責任

仕事でミスもすると思いますが、新人のミスは100%上司の責任です。

私も新人の部下を持ったことがありますが、新人の失敗は「上司の私が確認しなかったせい」と思うのが普通。新人に対して「コイツは仕事ができないな、、」とか思ったりしません。

上司は新人がミスすることを想定して仕事を進めているし、新人のミスなんて仕事全体にほとんど影響ないです。

ミスを報告をしなかったり、仕事を溜めこんでしまう方が困ります。

悪意が無い限り新人に責任はありません。ミスして当然と思って淡々と仕事をやっていきましょう

過度にミスを責められる場合はその上司の指導に問題があります。管理職か人事担当に遠慮なく相談してください。直接言いにくい場合はメールで伝えたらいいですよ。

同期と比べない

仕事ができる同期と比べて落ち込むこともあるかもしれませんが、毎年たくさんの新人を見ている職場からすると、1年目の新人に優劣なんかありません

余程飛びぬけた才能でもない限り、はっきり言ってみんな同じです。

むしろ、優秀すぎるとそのうち辞めてしまうのでは?と不安になります。

毎日出勤するだけで十分です。同期と比べて無駄に落ち込むのはやめましょう。

1年目に最低限覚えてほしいこと

1年目の新人に最低限覚えてほしいことをお伝えします。

すぐに情報共有

ミスした、締め切りに間に合わない、何をしたらいいか分からない等、不安に思うことはその都度上司に伝えてください

上司としては、自分の仕事もある中、新人の状況を逐一確認するのは結構大変なので、新人から自主的に状況を伝えてくれるととても助かります。

「こんなこと言ったら迷惑かな、、」と思う必要はありません。ミスを恐れて報告をしなかったり、仕事を溜めこんでしまう方が上司としては困ります。

とにかく情報共有するのが1年目の仕事と思ってください。

残業しない

1年目から残業するクセが付くと、2年目以降もダラダラ仕事をするようになってしまいます。

新人が毎日残業しているのは職場として好ましくないです。

周りが残業していても、その日にやるべきことをやったらすぐ帰りましょう。その日にやるべきか分からなかったら上司に聞いてください。

休むことに罪悪感を持たない

1年目のうちに罪悪感なく休むことを覚えて下さい

毎日働いていると体力的・精神的にしんどい日が必ず出てきます。

疲れたら休むのは当たり前ですが、これができずにメンタル疾患になる人がたくさんいます(私もそうでした)。

つらい時は仕事のことなんか忘れて休みましょう。

病気休職した私が思う、長く健康に働くため大事なこと

私は過去に適応障害で半年休職したことがあります。

それまでは(自分で言うのも何ですが)、割と順調に出世し、周りから期待もされていましたが、無理が重なって病気になってしまったのです。

休職経験のある私が新人公務員の皆さんに伝えたいことは、優等生には絶対になるな! ということです。

公務員で言う「優等生」とは、
・上司の言うことは何でも聞く人
・長時間残業も平気な人
・キツイ仕事も文句を言わずやる人

若いうちから無理して残業して、キツイ仕事も我慢してやっていると、勝手に「優等生」のレッテルを貼られ、「◯◯さんは優秀だね」と持ち上げられ、激務部署に回され、ずっとツライ思いをすることになります。

自分がやりたい仕事は積極的にやったらいいですが、できないことを無理するのはダメです。

長く健康に働くために、何でも言うことを聞く優等生ではなく、出来ないことは無理!と言える職員になりましょう

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました