【内向型の趣味】「読書」が楽しくなるアイデア5選

ライフスタイル

内向型におすすめの趣味と言えば「読書」ですが

定番すぎて物足りないなぁ、、、

と思うことはありませんか?

定番の趣味でもちょっと工夫すれば面白くなります。

この記事では、内向型定番の趣味の一つ【読書】が楽しくなるアイデアを5つご紹介します。

 

内向型の趣味【読書】が楽しくなるアイデア5選

内向型定番の趣味No.1といえば「読書」。自宅やカフェで本を読むのもいいですが、たまに環境を変えてみるともっと楽しめます。

ベランダ読書

ちょっと気分転換したいけど外出は面倒な日は、ベランダに椅子を出して読書してみましょう。部屋で読むのとは違って気持ちいいです。

美味しいコーヒーがあるとさらに良し。

折り畳みのキャンピングチェアーがあると便利ですよ。

公園読書

天気がいい日は公園のベンチで読書するのがおすすめ。自然に囲まれて、鳥の声を聞きながら本を読むのはとても優雅な時間です。

都内なら日比谷公園や皇居外苑がいいですよ。

園内マップ|日比谷公園|公園へ行こう!
皇居外苑(全域)の案内図

電車の終点まで読書

通勤時に本を読む人も多いと思いますが、電車の中だと集中して読めますよね。

休日に思い切って、電車の終点までひたすら読書してみてください。いつもの電車でもいいし、逆方向の電車や、乗ったことのない路線も新鮮で楽しいです。

終着駅で降りて周辺をぶらぶらして帰ってくるだけでも、内向型らしい楽しい休日になりますよ。(改札を出ず折り返しの電車に乗るのは不正乗車なのでNGです!)

JR東京駅発の普通電車だと、終点まで1時間1,000円くらいで行けます。

私のイチオシ路線は、京王線特急【新宿~高尾山口】(53分388円)
安いし、景色もいいです!高尾山口駅から登山口の手前まで散歩して、カフェやお土産屋をぶらついて帰ってくるのが楽しいですよ。

図書館巡り

本が好きなら絶対に図書館を利用しましょう。住民以外でもカードを作れる図書館もあるし、当日利用するだけならどこでも行けます。

近所の図書館だけでなく、頻繁に行けない少し遠い図書館に行くのも良いです。その日のうちに読んで返さないといけないので、集中力も高まります。

東京近郊なら、日比谷図書館横浜中央図書館がおすすめ。

日比谷図書館は、規模は小さいですが館内がキレイ。窓際の閲覧席で日比谷公園の木々を見ながら読むのが楽しい!カフェも併設されていて長時間過ごせます。

日比谷図書文化館 施設案内 | 日比谷図書文化館 施設案内 | 日比谷図書文化館 | 千代田区立図書館
日比谷公園の豊かな緑の中にある三角形のユニークな建物。2011年、百余年の歴史...

横浜中央図書館は、とにかく規模が大きい。地下1階~5階まで、日本で2番目の蔵書数!1日中ぶらぶらしても飽きません。

図書館

読書合宿

読書合宿とは、ホテルに泊まってひたすら本を読むこと

キレイな部屋で誰にも邪魔されず本を読むのは、読書好きには最高の時間!積ん読になりがちな本も集中して読めます。

時間とお金があればちょっといい旅館に泊まるのもいいですが、近所の安いビジネスホテルでも十分。お菓子やお酒を持ち込んで、チェックアウトまで本を読みまくりましょう!

ビジネスホテルのデイユースプランを利用するのもおすすめです。

趣味の掛け算でもっと面白くなる!

読書に他の趣味を掛け合わせるともっと面白くなります。

読書×語学学習

英語を勉強中なら洋書を読んでみましょう。日本の小説の洋書版もおすすめです。村上春樹、東野圭吾、宮部みゆきなど著名な作家の洋書版は図書館にあることが多いです。

読書×映画鑑賞

好きな映画の原作を読んだり、好きな小説が映画化されていたら見てみましょう。小説は映画になると一部省略されたり、設定変更されたりするので、比べてみると面白いですよ。

読書×ブログ

読書が好きなら感想をブログに書くのがおすすめ!きれいな文章じゃなくてもOKです。書くと記憶に定着するし、読んだ達成感を味わえます。

初心者は「はてなブログ」がおすすめ。無料ですぐ始められます。

はてなブログとは - はてなブログ
はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。ささいな日常も、忘れられない出来事も、はてなブログに書き残してみませんか。

読書×散歩

オーディオブックを聞きながら散歩するのも楽しいです。運動にもなって一石二鳥。

私はYoutubeの本要約動画を散歩しながらよく聞いていて、気になる本があったらそのまま本屋や図書館に行って読んでいます。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました