【転勤族が教える!】内向型が都会に住むべき理由【田舎は厳しいよ、、】

ライフスタイル

人の多い都会に暮らしていると、

都会より自然豊かな田舎に住みたい、、、

と思っている内向型もいるかもしれません。

ですが、田舎が住みやすいとは限りません!

私は親も自分自身も転勤族で、今までに合計10箇所に住んだ経験があります。北海道から四国まで、東京のような大都市と田舎でそれぞれ半分ずつ暮らしてきました。

都会と田舎、両方の良し悪しを経験した私がお伝えしたいのは、内向型が暮らしやすいのは「都会」ということ。

はっきり言って「田舎」は内向型には厳しいです。

この記事では、転勤族の私が、内向型が「都会」に住むべき理由をお伝えします。

転勤族が教える、内向型が「都会」に住むべき理由

田舎の方が人は多い

人が多くて都会は嫌!と思う人が多いですが、実感としては、田舎のほうが人は多いです。

都会は行き先の選択肢が多く交通の便もいいので、一部の人気スポットを除けばそんなに人はいません。新宿や渋谷など人が集まる場所に行かなければいいだけ。

都心を少し離れた図書館やカフェは休日でも空いてますし、ゆっくり過ごせます。

一方、田舎は行くところが限られます。

私の経験上、都会より田舎のイオンの方がずっと人が多いです。イオン以外行くところがないので行かざるを得ず、すごく疲れます。

都会の方が自然がある

自然に憧れる人もいるかもしれませんが、リアルな自然は農村や山間部といった超田舎にしかありません。普通の田舎に自然はないです

一方、都会にはお金をかけて整備されたキレイな公園や街路樹がたくさんあり、ほどよく自然に触れられます

地方は車社会なのでどこを歩いても隣で車が走ってるし、整備が不十分で歩道や街路樹もなく、落ち着かないです。

私の経験上、都会では近所の公園を散歩して日常的に自然を楽しめましたが、地方では気軽に散歩できる場所がなく、 車でどこかに出掛けないと自然に触れることはできませんでした。

図書館が充実している

内向型の趣味の定番といえば読書です。

都会なら駅の近くに大きな図書館がありますが、田舎だとまず図書館が近くにありません

あっても車がないと行けなかったり(しかも駐車場も狭い)、閲覧スペースがなかったり、蔵書も少ない。

閉館時間も早く、都会なら20時くらいまで空いてますが、田舎だと17時には閉まるところもあり、気軽に利用できません。

田舎暮らしを経験してから、都会で週末に1日中図書館で楽しく過ごせるのは、とても贅沢なことだと実感しています。

旅行を気軽に楽しめる

都会に住んでると旅行を気軽に楽しめます。

東京からは各方面に電車やバス、飛行機が出ているし、LCCなど格安の交通手段も充実。移動手段に縛られず旅行を計画できます。

田舎だと移動手段が限られているので、お金と時間が多くかかります。特に海外旅行の場合、まず国際空港に行かないといけないので、時間もお金が余計にかかります。

内向型は疲れやすいので移動時間はなるべく短くしたいですが、田舎から旅行に行くと移動時間が長くなるのですごく疲れます

私は田舎に住んでる時は、移動が疲れるので海外旅行は行きませんでした。

楽しい事が見つかりやすい

内向型が生きづらさを解消するには、楽しい事が必須です。

都会ならちょっとした楽しみが簡単に手に入ります。おしゃれカフェ、充実の図書館、格安マッサージ、ウーバーイーツなど、探せばいくらでもありますが、田舎では難しいです。

田舎で楽しみを見つけるには、ある程度の時間・お金に加え、体力・精神力が必要です。これが内向型にはキツかったりします。

東京でなら休日にフラっと一人で公園で読書を楽しめますが、田舎だと車がないとどこにも行けないし、駐車場を見つけるのが大変だし、どこもファミリーばっかりで一人は居心地悪かったり、色々疲れるのです。

家にいるのが好きな私でさえ、田舎に住んでた時は毎日つまらなくて苦痛でした。逆にアクティブな外向型の同僚は、毎週キャンプやサーフィンに出掛け、現地で友達を作って楽しんでました。

田舎を楽しめるのは、むしろアクティブな外向型なのです

希薄な人間関係がラク

田舎より都会の方が圧倒的に人間関係がラクです。

都会はいい意味でみんな他人に興味がなく、人と違っていても何も言われません。田舎は30代で独身だと「なんで結婚しないの?」って絶対聞かれますが、都会だと言われません。

都会の方が人間関係がドライで、面倒な人付き合いも少ない。私の経験上、田舎の職場の方が飲み会が多く、人間関係のトラブルも起こりやすく面倒でした。

内向型は注目されるのが苦手ですが、都会の人の多さは自分の存在感を薄めるので居心地がいいです。

田舎だとよく行く店で店員さんに顔を覚えられますが、都会ではありません。(店員さんに顔を覚えられるって、内向型はめっちゃ嫌ですよね、、)

実はお金がかからない

田舎のほうがお金がかからないイメージがありますが、そうとは限りません。

田舎は車が必要な事が多く、車関連費用を考慮すると、都会の家賃に匹敵するほどお金がかかります。

また、田舎は娯楽にお金がかかります

都会は安く楽しめる事がたくさんありますが、田舎はある程度お金をかけないと楽しめません。例えば、海外旅行だど田舎は空港に行くまで余分なお金がかかります。

家賃を上手に抑えられれば、都会の方がお金がかからず楽しく暮らせますよ。

都会のデメリットをどう考えるか

都会のデメリットは、家賃の高さと満員電車です。

家賃は都心から離れた場所に住めば安く抑えることは可能ですが、家賃重視で遠い場所に住むと通勤時間が長くなり、満員電車がつらくなります。

家賃と通勤時間のどちらをとるかになりますが、最近は在宅勤務の推進により、満員電車も多少マシになってきました。路線や乗り換えを工夫すれば、比較的ラクに通勤できます。

在宅勤務を上手に利用して通勤回数を減らせば、家賃の安い郊外に住み、通勤もストレスなくできるのではないでしょうか。

内向型が田舎に住むデメリットを考えれば、私は都会の家賃と通勤時間のほうが断然耐えられると思います

 

 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました