【公務員】激務部署で残業するとFIREが遠のく【3つの理由】

公務員

公務員がFIREするには「残業代で稼ぐ」が一番手っ取り早いと思っていませんか?

実際は逆です!

FIREの一番の近道は「定時で帰ること」です。

激務部署で残業していたら一生FIREできません。

この記事では、本省の激務部署を経験した現役国家公務員の私が、公務員が激務部署で残業したらFIREが遠のく理由をお伝えします。

スポンサーリンク

【最初に】公務員がFIREのためにすべきこと

公務員がFIRE達成のためにすべきことは3つです。

①生活費を下げる
②投資する
③本業以外で稼ぐ力を身につける

激務部署で残業するとこの3つ全部できなくなります。

詳しくはこちらの記事で解説しています🔽

公務員が激務部署に行くとFIREできない理由

①生活費が上がる

激務部署で残業すると絶対に生活費が上がります。

・3食コンビニ弁当や外食
・残業のお供にお菓子やコーヒー
・休日にストレス発散で散財
・通勤をラクにするため近くて家賃の高い部屋に引越

一度上がった生活費は簡単に落とせません

激務部署から異動した後もコンビニ通いや外食習慣、休日の散財は続き、長い目で見ると生活費が上がります。

私は激務部署時代に高級マッサージに通うようになり、今でもやめられません、、、

②残業代が投資に回ることはない

残業代を投資に回せば資産は増えますが、よほど強い意志がない限り無理です

・自分に甘くなり、残業代は旅行や家電など高額支出に消える
・投資について考える時間がない
・毎月十数万の残業代が入ってくると、投資の必要性を感じない

激務が続くと判断力が弱まり、要らないモノにお金を使ってしまいます。

私は激務部署で稼いだ残業代はほとんど旅行と高級マッサージ代に消えました、、、

③本業以外で稼ぐ力が身につかない

激務部署にいると、副業や資格取得など自己投資する時間も意欲もなくなります

・激務部署の経験は公務員でしか通用しないため、スキルアップできない
・公務員は激務部署で働いても基本給与がほとんど上がらない
・毎月十数万の残業代が入ってくると、本業以外で稼ぐ必要性を感じない

激務部署にいると仕事しかしてない状態になり人生損します。

【最悪のケース】病気になって収入が減る

激務部署にいるとメンタル疾患のリスクが高まり、最悪休職すると収入に影響が出ます

・病気休職中の給与・賞与
①病気休暇(90日) → 給与:100%支給、賞与:減額あり
②病気休職(1年) → 給与:80%支給、賞与:減額あり
③病気休職(1年6ヶ月) → 給与:約66%の疾病手当金支給、賞与:なし
④病気休職(6ヶ月) → 給与:なし、賞与:なし
・当然、残業代は無し
・通院費や薬代がかかる
病気休暇・休職については、こちらの記事をご覧ください🔽

まとめ:公務員がFIREしたいなら定時で帰ろう

公務員が激務部署に行くとFIREできない理由:

①生活費が上がる
②残業代が投資に回ることはない
③本業以外で稼ぐ力が身につかない

FIREしたいなら、定時で帰るべきです。

①生活費が下がる
・自炊習慣がつく
・ストレス発散の散財が無くなる

②投資できる
・生活費を下げた分を投資に回せる
・給与が少ない分、長期投資の重要性を理解できる

③本業以外で稼ぐ力が身につく
・平日にも副業や資格取得に取り組める
・給与が少ない分、本業以外で稼ぐ重要性を理解できる

 

◯避けるべき激務部署を知りたい方はこちら🔽

◯本業を活かしてスキルアップしたい方はこちら🔽

 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました